トップページ > Excel エクセル関数 > CONCATENATE関数|複数の文字列・数値・論理値を結合して 1 つの文字列にまとめます

CONCATENATE関数

CONCATENATE関数|複数の文字列・数値・論理値を結合して 1 つの文字列にまとめます


CONCATENATE関数
種類 文字列操作関数
できること 複数の文字列・数値・論理値を結合して 1 つの文字列にまとめます
書式 CONCATENATE(データ1, データ2, )
データ1
(必須)
1 つにまとめる文字列・数値などを指定します。
データ2
データ3
(省略可)
更に複数の文字列・数値などを追加で指定して、1つにまとめることが出来ます。

CONCATENATE関数の使い方

CONCATENATE関数の使い方

=CONCATENATE(D3, “年”, D4, “月”, D5, “日”)
説明 この式では、各引数の文字列・数値を1つの文字列にまとめた結果を返します。

セルD3にある数値 1990 と、2つ目の引数に指定された文字列 セルD4にある数値 02、4つ目の引数に指定された文字列 セルD5にある数値 13 、6つ目の引数に指定された文字列 が一つの文字列に結合され、 1990年02月13日 という文字列を式の結果として返します。

式の中において、文字列は “”(ダブルクオテーション) で囲む必要があります。計算結果には、”"(ダブルクオテーション) は表示されません。

CONCATENATE関数の代わりに、”&” 演算子を使用して文字列を結合することもできます。

=D3 & “年” & D4 & “月” & D5 & “日”
説明 この式では、&で繋がれた各文字列・数値を1つの文字列にまとめた結果を返します。

セルD3にある数値 1990 と、2つ目の引数に指定された文字列 セルD4にある数値 02、4つ目の引数に指定された文字列 セルD5にある数値 13 、6つ目の引数に指定された文字列 が一つの文字列に結合され、 1990年02月13日 というCONCATENATE関数を使った場合と同じ文字列を式の結果として返します。

●逆に文字列を分解したい場合は…

CONCATENATE関数では、文字列を結合しましたが、逆に文字列を分解したい場合は、LEFT関数、MID関数、RIGHT関数を使うことになります。
【関連記事】 LEFT関数・RIGHT関数・MID関数|文字列から指定した文字を抜き取ります

Tagsカテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

http://excel.jiten.org/function/concatenate/trackback/