トップページ > Excel エクセル関数 > INDIRECT関数 | 文字列で指定したセル、セル範囲名への参照を返します

INDIRECT関数

INDIRECT関数 | 文字列で指定したセル、セル範囲名への参照を返します


INDIRECT関数
種類 検索/行列関数
できること 文字列で指定したセル、セル範囲名への参照を返します。
参照文字列を通して間接的にセルを指定出来るため、数式自体を変更せずに、数式内で使用するセルへの参照を変更することができます。
書式 INDIRECT(参照文字列参照形式)
参照文字列
(必須)
参照範囲で検索する値を指定します。
参照形式
(省略可)
セル参照の種類を指定します。

  • TRUE を指定すると、
    参照文字列には A1 形式のセル参照が入力されていると見なされます。
  • FALSE を指定すると、
    参照文字列には R1C1 形式のセル参照が入力されていると見なされます。
  • 省略すると、TRUE を指定したと見なされます。

INDIRECT関数の使い方

INDIRECT関数

=INDIRECT(C4)
説明 この式では、参照文字列に指定したセルC4 の値、I6 へのセル参照を返します。
これにより、 =INDIRECT(C4) は =I6 と読み替えられますので、その結果、セルI6の値である ゴールド会員 が表示されます。

参照形式が省略されていますので、参照文字列には A1 形式のセル参照が入力されていると見なされます。

Tagsカテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

http://excel.jiten.org/function/indirect/trackback/