トップページ > Excel エクセル関数 > LEFT関数・RIGHT関数・MID関数|文字列から指定した文字を抜き取ります

LEFT関数・MID関数・RIGHT関数

LEFT関数・RIGHT関数・MID関数|文字列から指定した文字を抜き取ります


LEFT関数
種類 文字列操作関数
できること 文字列の先頭から指定された数の文字を返します
書式 LEFT(セル, 文字数)
セル
(必須)
取り出す文字を含む文字列を指定します。
文字数
(省略可)
取り出す文字数 (文字列の先頭からの文字数) を指定します。
文字数を省略すると、1 を指定したと見なされます。
RIGHT関数
種類 文字列操作関数
できること 文字列の末尾 (右端) から指定された文字数の文字を返します
書式 RIGHT(セル, 文字数)
セル
(必須)
取り出す文字を含む文字列を指定します。
文字数
(省略可)
取り出す文字数 (文字列の末尾からの文字数) を指定します。
文字数を省略すると、1 を指定したと見なされます。
MID関数
種類 文字列操作関数
できること 文字列の任意の位置から指定された文字数の文字を返します
書式 MID(セル, 開始位置, 文字数)
セル
(必須)
取り出す文字を含む文字列を指定します。
開始位置
(必須)
文字列から取り出す先頭文字の位置 (文字番号) を数値で指定します。
文字列の先頭文字の位置が 1 になります。
文字数
(必須)
取り出す文字数を指定します。

LEFT関数・RIGHT関数・MID関数の使い方

エクセルで日付を扱う際に、シリアル値を使って入力するのが基本ですが、シリアル値を使わない書式で入力された日付から年・月・日を各々抜き出したいという場面にしばしば遭遇します。文字列から任意の文字を抽出する際には、このLEFT関数・RIGHT関数・MID関数を使うことになります。

【参考記事:シリアル値を使った日付に関する記事】
YEAR関数・MONTH関数・DAY関数 | 日付データから「年」「月」「日」を取り出す
日付や時刻を表す時に使う「シリアル値」について、まとめてみました。

LEFT関数・MID関数・RIGHT関数の使い方

=LEFT(D4, 4)
説明 この式では、セルD4にある文字列の先頭から4文字を抜き出します。

セル範囲に指定されたセルD4には 1990.02.13 という文字列が入力されており、その先頭から4文字は 1990 ですので、式の結果として、1990 が返されます。

=MID(D4, 6, 2)
説明 この式では、セルD4にある文字列の6文字目から2文字を抜き出します。

セル範囲に指定されたセルD4には 1990.02.13 という文字列が入力されており、その6文字目から2文字は 02 ですので、式の結果として、02 が返されます。

=RIGHT(D4, 2)
説明 この式では、セルD4にある文字列の末尾 (右端) から2文字を抜き出します。

セル範囲に指定されたセルD4には 1990.02.13 という文字列が入力されており、その末尾 (右端) から2文字は 13 ですので、式の結果として、13 が返されます。

●逆に文字列を結合したい場合は…

LEFT関数・RIGHT関数・MID関数では、文字列を分解しましたが、逆に文字列を結合したい場合は、CONCATENATE関数を使います。
【関連記事】 CONCATENATE関数|複数の文字列・数値・論理値を結合して 1 つの文字列にまとめます

Tagsカテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

http://excel.jiten.org/function/left_mid_right/trackback/