トップページ > Excel エクセル関数 > LEN関数|文字列の文字数を返します

LEN関数

LEN関数|文字列の文字数を返します


LEN関数
種類 文字列操作関数
できること 文字列の文字数を返します
書式 LEN(セル)
セル
(必須)
文字数を調べる文字列を指定します。

LEN関数の使い方

LEN関数の使い方

=LEN(C4)
説明 この式では、文字列の文字数を返します。

セルC4にある文字列 東京都 の文字数は、3文字 ですので、3 が式の結果として返されます。

LEN関数の使い方 他の関数との組み合わせ

LEN関数は単体で使うよりも文字列の切出しをするLEFT関数・RIGHT関数などと組み合わせて場面が多くあります。

下記例では、C列にある都道府県から「都」や「県」を抜いた都道府県名をE列に抜き出します。LEFT関数で文字列を抜き出せるのですが、何文字抜き出すのかは個々で異なっており、LEN関数を使って、抜き出す文字数を計算して異なった文字数の都道府県名にも対応した式となっています。

LEN関数の使い方 2

=LEFT(C4, LEN(C4)-1)
説明 この式では、セルC4にある文字列「東京都」を対象とします。

LEFT関数で、左から何文字抜き出すのかは、LEN(C4)-1 の返す数値によります。
まず、C4にある文字列「東京都」の文字数は 3文字 ですので、LEN(C4)には 3 という数値が入り、そこから1を引いて、LEN(C4)-1 の計算結果は、 2 となります。

セルC4にある文字列を左から2文字抜き出すことになるので、式の結果として、東京 が返されます。

=LEFT(C4, LEN(C4)-1)
=LEFT(“東京都”, LEN(“東京都”)-1)
=LEFT(“東京都”, 3-1)
=LEFT(“東京都”, 2)
=東京

Tagsカテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

http://excel.jiten.org/function/len/trackback/