トップページ > Excel エクセル関数 > ROUND関数 | 数値を四捨五入して指定された桁数にします。

ROUND関数

ROUND関数 | 数値を四捨五入して指定された桁数にします。


ROUND関数
種類 数学/三角関数
できること 数値を四捨五入して指定された桁数にします。
書式 ROUND(数値桁数)
数値
(必須)
四捨五入の対象となる数値を指定します。
桁数
(必須)
数値を四捨五入する位置を指定します。

ROUND関数 四捨五入の位置

桁数に…

  • 「正の数」を指定すると、数値を小数点の右側 (小数点以下) で四捨五入し、小数点以下の桁数が桁数と等しくなります。
  • 「0」を指定すると、数値の小数点第1位で四捨五入し、最も近い整数にします。
  • 「負の数」を指定すると、数値を小数点の左側 (整数部分) を指定した桁で四捨五入します。

ROUND関数の使い方 数値を四捨五入する。

ROUND関数 その1

=ROUND(654.321,2)
説明 この式では、数値 654.321を指定された桁数 2に基いて四捨五入します。
桁数に「正の数」を指定しているので、小数点より右に桁の位、つまり小数点第位になるように、それより下の端数、つまり小数点第3位を四捨五入しています。
=ROUND(654.321,0)
説明 この式では、数値 654.321を指定された桁数 0に基いて四捨五入します。
桁数に「0」を指定しているので、小数点第1位を四捨五入し、結果は最も近い整数となります。
=ROUND(654.321,-2)
説明 この式では、数値 654.321を指定された桁数 -2に基いて四捨五入します。
桁数に「正の数」を指定しているので、小数点より左に桁の位、つまり、10の位を四捨五入しています。

端数を処理する関数

端数を処理する関数 として、ROUND関数の他に、ROUNDDOWN関数、ROUNDUP関数があります。

ROUND関数 =ROUND(数値,桁数) 数値を四捨五入して指定された桁数にします
ROUNDDOWN関数 =ROUNDDOWN(数値,桁数) 数値を指定された桁数で切り捨てます
ROUNDUP関数 =ROUNDUP(数値,桁数) 数値を指定された桁数で切り上げます

Tagsカテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

http://excel.jiten.org/function/round/trackback/