トップページ > Excel エクセル関数 > SUMIF関数 | 指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。

SUMIF関数

SUMIF関数 | 指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。


SUMIF関数
種類 数学/三角関数
できること SUMIF関数は、指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。
書式 SUMIF(検索範囲検索条件合計範囲)
検索範囲
(必須)
検索条件」に合致するセルを検索するセル範囲を指定します。
検索条件
(必須)
検索条件を指定します。
数値、式、または文字列で指定します。式および文字列を指定する場合は、”>10″、”エクセル” のように、半角の二重引用符 (“) で囲む必要があります。
合計範囲
(省略可)
合計の対象となるセル範囲を指定します。
検索範囲」にある「検索条件」に合致するセルと同じ行にある「合計範囲」のセルの値を合計します。
合計範囲」を省略した場合、「検索範囲」のセルの値を合計します。

SUMIF関数の使い方 その【1】「文字列」の検索条件を指定する。

SUMIF関数 使い方 その1

=SUMIF(B2:B11,“国内交通費”,C2:C11)
説明 検索範囲(B2:B11)を対象に検索条件(文字列”国内交通費”に等しい)に合うセルを検索し、合致するセルがあれば、合計範囲(C2:C11)の同じ行にあるセルの値を合計します。
今回、検索条件が文字列ですので半角の二重引用符 (“) で囲んで、”国内交通費”と指定する必要があります。

検索範囲内で検索条件に合うのは、セルB2、B5、B6、B8ですので、これらのセルと同じ行にある合計範囲のセルC2、C5、C6、C8を合計した数値「8,750」が結果として返されています。

SUMIF関数の使い方 その【2】 検索条件をセル参照して指定する。

SUMIF関数 使い方 その2

=SUMIF(B2:B11,B15,C2:C11)
説明 検索範囲(B2:B11)を対象に検索条件(セルB15に等しい)に合うセルを検索し、合致するセルがあれば、合計範囲(C2:C11)の同じ行にあるセルの値を合計します。
検索条件がセル参照の場合、半角の二重引用符 (“) で囲む必要はありません。

SUMIF関数の使い方 その【3】 「文字列」の検索条件を指定する。

SUMIF関数 使い方 その3

=SUMIF(A2:A11,“>=2013/03/01″,C2:C11)
説明 検索範囲(A2:A11)にある年月日データを対象に、「2013年3月01日以降」を表す検索条件(“>=2013/03/01″)に合うセルを検索し、合致するセルがあれば、合計範囲(C2:C11)の同じ行にあるセルの値を合計します。
今回、検索条件が式ですので半角の二重引用符 (“) で囲む必要があります。

検索条件は、他にも以下の様に書くことが出来ます。

文字列の検索条件
文字列が等しい “エクセル” エクセルと等しい
文字列が異なる “<>エクセル” エクセルと異なる
文字列を含む “*エクセル*” エクセルを含む
文字列を含まない “<>*エクセル*” エクセルを含まない
文字列で始まる “エクセル*” エクセルで始まる
文字列で終わる “*エクセル” エクセルで終わる
数値の検索条件
数値が等しい 1000 1,000と等しい
数値が異なる “<>1000″ 1,000と異なる
以上 “>=1000″ 1,000以上
より大きい “>1000″ 1,000より大きい
以下 “<=1000" 1,000以下
より小さい “<1000" 1,000より小さい

Tagsカテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

http://excel.jiten.org/function/sumif/trackback/