トップページ > 名前を定義する

“ 名前を定義する ” タグの記事一覧

名前を定義することで関数が使い易くなるなど、使いどころが数多く有ります。

1 / 1ページ1

「数値」や「数式」に「名前」を定義する3つの活用方法

「数値」や「数式」に「名前」を定義する3つの活用方法

「数値」に「名前」を定義する ワークブック上のあらゆるところで、税率 5% を様々な計算において使うとします。税率を必要とする計算式の一つ一つに 5% (0.05)という数値を入力する替わりに、「税率」という言葉を入力す […]

Tags

同じ範囲を参照する同じ名前を異なるシートでつける方法

シート毎に同じ範囲を参照する同じ名前をつける方法

同じワークブックにある複数のワークシートで、同じ位置にあるデータを同じ名前で参照出来れば便利な時がしばしば有ります。これをエクセルで実現するにはステップを幾つか踏む必要があります。 Parajumpers Outlaw […]

Tags

セルや数値に「名前」を定義して活用する方法

セルや数値に「名前」を定義して活用する方法

セルはエクセルで行う全ての処理に置いて基礎となるものです。でも、「A1:A100」といった無機質なセルの番号を覚えるよりも、「アイテム番号」とか「数量」といった名前で呼ぶ方が、もっと簡単にセル範囲を参照したり、覚えたりす […]

Tags

「入力規則」の照合用データリストを可変にする方法

「入力規則」の照合用データリストを可変にする方法

エクセルのデータ「入力規則」は非常に素晴らしい機能なのですが、(ちょっとしたトリックを使わないと)照合に使うリストに追加でデータを足しても、自動的に照合用データに追加反映されず、元のままです。 Parajumpers T […]

Tags

異なるワークシートにある範囲を「入力規則」の「リスト」として利用する方法

異なるワークシートにある範囲を「入力規則」の「リスト」として利用する方法

「入力規則」を使うと、セルに入力されるべきデータの指定を簡単に出来ます。ただ、残念なことに「入力規則」で「リスト」を使う際に用いるデータの「リスト」は同じワークシートにあることが求められます。幸いなことに、このエクセルが […]

Tags
1 / 1ページ1