トップページ > Excel エクセル使いこなし技 > 論理式|TRUE (真) あるいは FALSE (偽) のいずれかを評価して計算結果として返す数式

論理式

論理式|TRUE (真) あるいは FALSE (偽) のいずれかを評価して計算結果として返す数式


論理式|TRUE (真) あるいは FALSE (偽) のいずれかを評価して計算結果として返す数式

IF関数で入力が必要な引数に「論理式」というのがあります。「論理式」というフレーズはあまり聞き慣れた言葉ではないので、抵抗感がありますが、「論理式」を理解すればするほど、IF関数を使いこなせるようになるので、「論理式」は是非とも押さえておきたいポイントです。

●「論理式」って、一体何ですか?

ひとことで言ってしまえば、論理式とは、TRUE (真) あるいは FALSE (偽) のいずれかを評価して計算結果として返す式のことです。

◆簡単な論理式の例 「=1=1」

ひとつ簡単な例を一つあげると、「=1=1」はどうでしょうか?
「=」が2つもあって、いつもは見かる計算式とは違うので、ちょっと抵抗感ありますよね。

まぁ、気にせず、早速、セルに「=1=1」と入力してみましょう。

論理式|=1=1 入力結果

すると、セルの計算結果は、「TRUE」と表示されました。

論理式|詳細解説 1

では、この計算式の意味を見ていきたいと思います。

この計算式には「=」が2つあり、ちょっと面喰らってしまいますね。実はこの2つの「=」は同じように見えますが、全くの別物なのです。この違いから説明を始めます。

・最初の「=」
これは、計算式であることを示す「=」です。
エクセルでセルに計算式を入力する時にいつも最初に「=」を入力しますよね。その「=」です。

・二番目の「=」
二番目の「=」は、比較演算子の「=」です。
「1=1」の部分で、「1と1は等しい」ということを計算しています。
最初の「=」と混同してややこしいので、「=(1=1)」と論理式部分をカッコで囲んでしまえば分かり易いですかね。

次に論理式の結果ですが、これは、論理式(上記の例だと、1=1)が成立すれば 真(TRUE)、不成立であれば 偽(FALSE)の論理値のいづれかが返されます。

上記例では、1と1はもちろん等しいので、論理式は成立し、真(TRUE)となり、計算結果として「TRUE」がセルに表示された、というわけです。

ちなみに、「=1=1」のうち、論理式にあたる部分は「1=1」ですので、セルに直接入力するのではなく、エクセルのIF関数に入力するのであれば、「1=1」だけを論理式として入力し、最初の「=」は入力不要です。

◆論理式の例 「A2=”スイカ”」

「=1=1」だと、単純すぎるので、次の例を見てみたいと思います。

論理式|詳細解説 2

これは、セルC2に入力された論理式「A2=”スイカ”」では、セルA2に入力された値が文字列「スイカ」と等しいかどうかを評価して、結果を返します。セルA2の値は「ぶどう」であり、「スイカ」とは異なるため、FALSE(偽)の論理値が表示されています。

セルC3では、論理式「A3=”スイカ”」が入力されており、セルA3に入力された値が文字列「スイカ」と等しいかどうかを評価して、結果を返します。セルA3の値は「スイカ」であり、「スイカ」と等しいため、TRUE(真)の論理値が表示されています。

◆幾つかある論理式のパターン

論理式は幾つかのパターンがあり、下記のいずれかの形をとります。
・”=” や “>” などの比較演算子を用いて値を比較する論理式
・IS関数を使った論理式
・AND関数などによって複数の論理式を組み合わせた式

●「比較演算子」を使った論理式

比較演算子には次の6種類があります。

比較演算子 論理式の例
= (等しい) A1=1000 セルA1は 1,000と等しい
> (大なり) A1>1000 セルA1は 1,000より大きい
< (小なり) A1<1000 セルA1は 1,000より小さい
>= (以上) A1>=1000 セルA1は 1,000以上
<= (以下) A1<=1000 セルA1は 1,000以下
<> (等しくない) A1<>1000 セルA1は 1,000と等しくない

上記は、数値との比較での例でしたが、文字列で比較する場合は、このようになります。文字列を”"(ダブルクオテーション)で囲む点が数値の比較と異なります。

比較演算子 論理式の例
= (等しい) A1=”バナナ” セルA1は 文字列 バナナ と等しい
<> (等しくない) A1<>”バナナ” セルA1は 文字列 バナナ と等しくない

●IS関数を使った論理式

IS関数はテストの対象として指定した引数をチェックし、チェック結果に対応した理論値「TRUE」か「FALSE」が返されます。
関数の名前の先頭にISとあるために、IS関数と呼ばれています。

IS関数 論理式の例
ISBLANK 空白セルであれば、TRUE を返します ISBLANK(A1) セルA1は 空白セルである
ISERROR エラー値 であれば、TRUE を返します
※エラー値:#N/A、#VALUE!、#REF!、#DIV/0!、#NUM!、#NAME? 、#NULL! のいずれか
ISERROR(A1) セルA1は エラー値 である
ISERR #N/Aを除くエラー値 であれば、TRUE を返します ISERR(A1) セルA1は #N/Aを除くエラー値 である
ISNA エラー値#N/A であれば、TRUE を返します ISNA(A1) セルA1は エラー値#N/A である
ISTEXT 文字列 であれば、TRUE を返します ISTEXT(A1) セルA1は 文字列 である
ISNONTEXT 文字列 でなければ、TRUE を返します ISNONTEXT(A1) セルA1は 文字列 でない
ISNUMBER 数値 であれば、TRUE を返します ISNUMBER(A1) セルA1は 数値 である
ISEVEN 偶数 であれば、TRUE を返します ISEVEN(A1) セルA1は 偶数 である
ISODD 奇数 であれば、TRUE を返します ISODD(A1) セルA1は 奇数 である

●複数の論理式を組み合わせた式

AND関数やOR関数を使うことで、複数の論理式を組み合わせた論理式を作成することができます。

論理式の例
AND(ISNUMBER(A1),A1>=1000) セルA1は 数値であり、且つ、1,000以上である
OR(ISBLANK(A1),A1<>”パンダ”) セルA1は 空白である、もしくは、文字列”パンダ”と等しくない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

http://excel.jiten.org/tips/logical_expression/trackback/