トップページ > Excel エクセル使いこなし技 > 数式を含むセルを間違って消させない方法

データの入力規則

数式を含むセルを間違って消させない方法


他の人にセルにデータを入力して欲しいけど、数式を含むセルを触って変更したりして欲しくないジレンマに陥ったりすることがよくあります。ワークシートやワークブック全体を保護せずに数式を含むセルをロックすることが出来ます。

ワークシートを保護する方法

エクセルで表を作る際には、何らかの数式を使うことが必須となっています。しかしながら、他の人には、その数式を変更したり、削除したり、上書きされたくないこともしばしば。あなたの数式を他の人から守る最も簡単で最も一般的な方法は、ワークシートを保護することです。でも、ワークシートの保護は計算式の変更を防ぐだけではなく、入力することも出来なくさせてしまいます。入力して欲しいのに、ここまでしてしまうと、ちょっとやり過ぎですよね。

標準ではワークシート上の全てのセルがロックされています。しかし、ワークシート保護が適用されていない限り、このロックは効果がありません。これから計算式を含むセルだけをロックして保護するとても簡単な方法を紹介します。

まず、「CTRLキー」と「A」を同時に押すか、「列A」の左(もしくは「行1」の上)にある四角をクリックして、ワークシートの全てのセルを選択します。そして、右クリックし、「セルの書式設定」を選択、「保護」タブをクリックします。そして、「ロック」と書いてあるチェックボックスからチェックマークを外し、「OK」をクリックします。

次に計算式を含むセルだけを選択します。
上のツールバーから「編集」>「ジャンプ」を選択し、「セル選択」をクリックします。

セルの選択オプションすると、このようなダイアログボックスが表示されます。

ここで、「数式」を選択し、「OK」をクリックします。そうすると、数式が入力されたセルだけが選択されますので、その選択状態で「セルの書式設定」から「保護」タブにある「ロック」にチェックマークを付け、「OK」をクリックします。

そして、ワークシートを保護します。
「ツール」>「保護」>「シートの保護」と選択し、必要あればパスワードを設定し、「OK」をクリックします。

この方法は、僅かな時間で数式のあるセルを選択し、保護することが出来ました。しかし、並べ替え、書式の変更、テキストの並び位置の変更などの多くの他の機能もロックしていないセルでさえも使えなくしてしまいます。

「入力規則」を使った方法

ワークシートの保護を全く使わずに、「入力規則」を使っても、数式の入ったセルを誤った上書きから守ることが出来ます。

上のツールバーから「編集」>「ジャンプ」を選択するか、「CTRL」キーと「G」を同時に押して、「ジャンプ」メニューを表示し、「セル選択」をクリックします。そして、数式を選択し、「OK」をクリックします。すると、数式が入力されたセルだけが選択されます。

データの入力規則数式が入力されたセルだけが選択された状態で、「データ」>「入力規則」を選択し、「データの入力規則」を表示します。

「設定」タブをクリックして、【1】「入力値の種類」には「ユーザー設定」を選択し、【2】「数式」ボックスには「 =”" 」と入力します。そして、「OK」をクリックします。

すると、数式を誤って上書きしようとすると、警告が表示されて、変更できなくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

http://excel.jiten.org/tips/protect-formula-cell/trackback/