トップページ > Excel エクセル使いこなし技 > リンク元が行方不明になったリンクに対処する方法

リンク元が行方不明になったリンクに対処する方法

リンク元が行方不明になったリンクに対処する方法


外部リンクは他のワークブックを参照するリンクです。グラフやワークシートを別のワークブックに移動やコピーしたりすると、「このブックには、ほかのデータソースへのリンクが設定されています。」と予期しないリンクが発生することがあります。リンク元がないことを知っても、元のリンク元を探す役には全く立たないので、これから行方不明のリンクに対応する方法をいくつか紹介していきます。

「数式」に潜む外部へのリンク

まず、忘れてしまっているが実在する外部リンクがあるかどうかを確認する必要があります。まだ外部リンク元が存在しているかどうか不確かな時は、最も分かり易い場所である「数式」から見ていきましょう。他のワークブックが全て閉じている状態にして、「編集」>「検索」を選択し、「*」(アスタリスク)を入力し、数式に含まれるリンクの有無を確認します。数式リンクを見つけたら、数式を修正するか、削除します。

「名前」に潜む外部へのリンク

数式にリンクが含まれていないことを確認したら、リンク元がないリンクが他の場所に潜んでいないかを確認する必要があります。次に見る場所は、「名前」です。「リンク元がないリンク」を含むエクセルのワークブックを開いて、「挿入」>「名前」>「定義」を選択します。設定されている名前の「参照範囲」を確認して、他のワークブックを参照している「名前」がないかどうかを確認します。他のワークブックを参照する名前を見つけたら、参照範囲を変更したり、そのままにしたり判断しましょう。

「グラフ」に潜む外部へのリンク

他に外部へのリンクが含まれているとすれば、グラフの中でしょうか。グラフも外部へのリンクを持ち、そのリンク元が行方不明になっているケースによく出くわします。データ範囲と項目軸ラベル、グラフの名前でがオブのワークブックを参照していないかどうかを確認してみましょう。そして、そのリンクが正しいものかどうかを確認して下さい。

「オブジェクト」に潜む外部へのリンク

オブジェクトにリンクが潜んでいることもあります。例えば、テキストボックスやオートシェイプなどです。オブジェクトも外部のワークブックを参照することができます。オブジェクトの場所を探す最も簡単な方法は、「CTRL」+「G」か、「編集」>「ジャンプ」を選択し、「ジャンプ」機能を利用する方法です。「ジャンプ」機能で、「セル選択」をクリックし、「オブジェクト」を選択します。これでワークシート上の全ての「オブジェクト」を選択することが出来ます。全てのオブジェクトを選択したまま、削除したり、保存したりして、問題が取り除けるかどうか試して下さい。

「隠しワークシート」に潜む外部へのリンク

最後にリンクがないかどうかをチェックする場所は、最も分かり難い場所、「非表示にしたワークシート」です。上手く非表示にしたので、そのワークシートの存在をすっかり忘れてしまうことはありがちです。非表示になっているワークシートを再び表示させるには、「書式」>「シート」>「再表示」です。もし、「再表示」の文字がグレーになっていれば、それは隠された「非表示ワークシート」が無い、ということです。

やっぱり、最後には「リンクの解除」

これで、外部ワークシートへのリンクの可能性をシラミつぶしに調べてみました。次は、リンク元のないリンクを取り去っていきます。「編集」>「リンクの設定」を選択します。そして、状態が不明となっているなっているリンクを選択し、「リンクの解除」をクリックします。これでリンク元が不明だったリンクがなくなり、リンクの更新を求められることもなくなります。

Tagsタグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

http://excel.jiten.org/tips/solve-ghost-link/trackback/